カテゴリ:未分類( 1 )

はじめに

長々と語る程の事でもない日常の中の話を、日記形式で書いてみる事にしました。

何か、タイトルがあった方がわかりやすいだろうと思い、「枕騒字(まくらのそうじ)」としました。

ほとんどの方は察しがついてると思いますが、そうなんです。

大文学作品「枕草子」をパクりました。

中身は、足元にも及びませんが。意味は「読んで字の如く」で、ほとんど全ての時間、

自分は枕を必要としている、つまり寝たきりである。

また、言語障害である自分が、騒音をたてる様に文字を記述する、という手段を用いて

なんだかんだと語っている。という事になりますか。

では、早速「枕騒字」の第一弾に行ってみましょう。

私が書く文章の中で、度々断り書きをしているのですが、

私は元々ベッドに寝ているだけの時間を潰す為にいろいろと書いている訳で、

特に作文が好きという事もありません。

本当は、姪の春香ちゃんに直接話して上げたい事が沢山あるんです。

でも、海外旅行の話なんて、あと10年も経たないと、彼女の方が聞いてみたいという気は起きないんでしょうけど。

て言うか、「海外?何それ?」って言われちゃうかな。あ、彼女はもうすぐ2才です。

でも、今のうちから自分が何かを話してあげる代わりに文章を書き溜めておいて、

春香ちゃんが読める日が来た時にそれを読んでもらうのもいいかなぁと思います。

その頃自分はどうなっているのかとも思います。

寝たきりを続けて今と同じ様に病院の世話になっているのか、

車椅子で多少は動き回れる様になっているのか?

ところで、好きで始めた訳でもない文章作りだけれども、

作家になれたらいいなぁ、と思う事があります。

もし、退院ができて車椅子を使ってでも移動ができる様になったなら、

自分がやれる仕事に就きたいと思うのは当然の成り行きでしょう。

私は本来、人に会う事があるIT関連の仕事がやれたら(復帰出来たら)それにこした事はない、

と思っているのですが、いろいろな意味で難しいですよね。

通勤の事や、言語障害がどれだけ回復しているのか、いないのかを考えると、

自宅で自分のペースでできる仕事があればいいのになぁと、思ったりします。

どんな仕事があるのか、はっきりとはわかりませんが、

なぜだか作家と言うか執筆業と言うか・・・、思い浮かんじゃいました。

その仕事をなめてるって言われちゃうかな?

堂々と「私は作家です。」と、言えるぐらいの人ってほとんどの場合、

小さい頃から文章を書くのが好きでしたとか言ってますよね。

暇潰しで始めたなんていう人なんか、いないよなぁ。

「自宅で自分のペースで。」なんて甘い考えか・・・。

まぁ、それならそれで、趣味の上での素人作家でもいいや。

とにかく、しばらくは文章書きを続けてみたいと言う気持ちはあります。

作家志望者の為の、通信教育講座でも無い物かとできる範囲で探してもみたんですけど、

そんな物ありゃしませんね。

要するに、急になろうと思ってもなれるもんじゃない、という事でしょう。

両腕を失い、口や足の指で絵筆を持ち、

全くと言っていい程ハンデを感じさせない絵画を描き出している人を紹介するテレビ番組を見たことがあります。

だけど、それを真似する事なんてできる訳ありません。水彩画なんて、中学校での美術の授業で描いて以来、描いてみようと思ってみた事すらないんだもん。

なにより、絵心ってやつを全くといっていい程持ち合わせていませんでした。

きっと、作家になろうと志して来た人が読めば、私などは幼稚な文章しか書けないと思いますが、自分風のスタイルが確立できたら素晴らしいですね。
[PR]
by naritamasaki | 2005-08-19 04:29